たんぽぽがどこよりも安いです

平山和子さんと言いますと、「くだもの」などに代表される実に細やかな描写で、写実的に描いている絵本が挙がります。絵本というより教科書?ってくらい緻密な絵と解説です。子供は幼稚園でたんぽぽくみなので!たんぽぽが好きらしいです。

3月31日 おすすめ!

2017年03月31日 ランキング上位商品↑

たんぽぽたんぽぽ [ 平山和子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

でも嫌な感じではなく、すっとなじんでくる。平山和子先生の絵本ならではの、緻密なたんぽぽにびっくりです。たんぽぽという身近な植物の生態をわかりやすく解説。3歳の娘に買いましたが!ちょうどたんぽぽの季節だったこともあり!お気に入りの一冊になりました。教育的価値が高い1冊です。内容が4歳児からと書いてあり!難しくて分からないけど!「あり」とか「ちょうちょ」と言って楽しそうに指さしてます。暖かくなったら!子どもと一緒に「たんぽぽ探し」が楽しみになるような一冊です。この本は4歳以上向きで早いかなと思いましたが!段々複雑なことがわかり言葉が発達して来たので!2歳になったばかりの子供に買いました。「かがくのとも」から生まれた名作です。大人でも知らないことがあるのではないでしょうか。特に幼稚園児の兄は何度も何度も見返してます…綿毛のリアルな優しい感じが好きみたいです…2歳の娘に!同じ作者の「いちご」と一緒に購入しました。他にもたんぽぽの関連書籍はありますが、実に丁寧に作られたこの絵本から、読み始めてもらいたいです。非常にリアルで、写真では表現できない描き方が印象に残り、この絵本の中ではとりわけ、たんぽぽの根っこの描写が秀逸です。タンポポ好きなので、タンポポのことがよくわかり絵もきれいでいいですたんぽぽのこと詳しく書かれていてよかったですちいさなかたにはすこしむずかしいかもしれませんがその年代ごとで楽しめるのではないかなと思いましたたんぽぽの見方がかわりました2歳になったばかりの娘に購入。まずは身近な自然観察から理科の力は育まれるのではないでしょうか。たんぽぽの造りなど説明箇所が多く!とても科学的な本でした。4月に保育園進級でたんぽぽ組になったので、ちょうど良いかなと。親がわかりやすい言葉に“翻訳”してあげると2歳の子供でもわかるらしく、最近では他の本より読みたがる率が高いです。丁度今の時期ですね、タンポポが綺麗に咲くのは。もともと平山和子さんの絵が好きで購入しました。平山和子さんの絵本は何冊も持っていますが、「たんぽぽ」は平山ワールド全開です。彼女の写実的な絵と絶妙な構図が子どもだけでなく大人の目も惹きます。この著者の絵本は!赤ちゃん時代から『くだもの』『やさい』など親子ともども楽しんで来ました。タンポポ好き!とくに綿毛好きな兄妹に購入しました。圧巻なのはタンポポの根の描写でしょう。これは購入してよかったです。3歳の誕生日を迎える娘に誕生日プレゼントの1つとして購入。上の子も!たんぽぽの仕組みに興味深々!私が見ても面白い。保育園でも大人気のようです。たんぽぽの成長の過程を!絵で追いながら学べます。そういう意味でも多くに人に楽しんでもらえる絵本です。都会っ子なので!なかなか自然と触れる機会が少ないですが!この本をきっかけに!身近な動植物に興味を深めて欲しいと期待します。「いちご」もかなり気に入っているようですが、こちらの「たんぽぽ」も負けない位、たくさん読まされています。公園や散歩中にたんぽぽを見かけると!嬉しそうに!「たんぽぽ〜!」と指差しています。買ってよかったです。おもしろい。読み終わると、「もう1回読んで」と言うので、気に入ってくれたみたいです。3歳の娘に購入しました。それでいて子供を惹きつける力のある本です。タンポポの絵がリアルで1歳半の息子はとても気に入って何度も読んでとせがまれます。。写実的な絵と科学的な説明。娘が「たんぽこ」と言い間違えるのが面白いです(笑。お気に入りの1冊になったようです。イマドキの漫画チックな絵柄でなく、写実的なのに子供の心を不思議とつかみます。あまり期待せず購入しましたが・・。実際呼んでみて、リアルな絵。写実的な描写で!写真にはない良さで丁寧に描かれています。